東京・大阪発の不動産WEBマガジンOFFICE PLUS

【ラダック(インドチベット)への旅〜3日目〜コジジ教授の建築閑話・第7話】

仏像

ラダック(インドチベット)への旅・・・最終日。


今回一番の目的地、ラマユル僧院へ。Lehから125Km、途中の道路は写真のように
ものすごい山道の連続です。レー3500mから、アルチ3100mへと下ってきたのを、
またどんどん上って行きラマユルは3600mの高地です。

荒涼とした月世界に建つ壮麗なラマユル寺院

写真では解りにくいですが、「月世界」といわれる一帯です。
何故かここだけが黄土に覆われており、とても不思議な景色です。

月世界ラマユル

月世界に建つラマユル寺院

ラマユル僧院は、岩山の石窟がオリジナルです。中腹には、へばり付く様な僧房も。
僧院以上に全体のロケーションが大変な見所です。

仏像

僧院外観  
良くぞこんな奥地に建てたものと驚愕します。そして今でも、各地で修行している
密教行者が祭りの際には大集合してくるとか。

そしてもうひとつ忘れられないのが、併設する僧侶学校です。
6
人の少年僧達がアプリコットの木の下で、実にのんびりと勉強中でした。

僧侶学校の生徒

皆さんも「ラダックへの旅」をお楽しみいただけましたでしょうか。
旅費は、飛行機・宿泊・食費・ガイドなど、全てを含んで4Rs(8万円)でした。
(今回は一人旅でしたので、人数が増えればもっともっと安くなります)
私としては大満足でした。但し、英語が苦手な方、仏教、建築に造詣が薄い方
にはちょっと濃過ぎるツアーかもしれません。

 

さて、出会った人々の写真を以下連続でご覧下さい。

挨拶は、デリィでは「ナマステ」、ラダックでは「ジュレィ」です。
マニ車を持つ人  
おじさん、眠りこけてもマニ車は回していました。

お坊さん

偉いお坊さんは大変に勉強熱心です。

ラダックの青年  
少年僧たち、皆さんとっても純朴です。

ラダックの人々

私を世話してくれたホテルのメイドさん達。湯タンポ、嬉しかったよ。
  
ラダックの一部の地域は、村人全部がアーリア系、ヨーロッパ的な顔立ちです。

現地の少女

あたし、ちょっとハズカシイ。

 

さて、これにて3回にわたってレポートしたラダック(インドチベットの旅)は終了です。

ご愛読ありがとうございました。


==== 用語解説 ====

◾️ラダックの月世界▶︎大昔に水の下だった月世界といわれる荒涼な大地。堆積岩が浸食されてできたもので黄色い大地に見える。(堆積岩は水底に砂や泥・がれきがつもり、固まってできる)

◾️ラマユル僧院▶︎ラマユル僧院の歴史については不明確な点が多いものの、16世紀に存在したゴンパ(僧院)が破壊され、19世紀に現在のドゥカン(集会所)が再建された。カギュ派の分派のディクン派の僧院といわれ、現在、約40人の僧達がいる。

 

Print Friendly, PDF & Email

この記事を書いた人

コジジ教授

1952年8月28生 資格:一級建築士  早稲田大学大学院卒業。専攻は建設工学(都市計画)。大手商社や不動産会社で土地開発や施設運営を担当。海外赴任歴が長く、イラク・バグダッド、台湾、中国・北京、スリランカ・コロンボと数多くの国に駐在。その後、私立大学にて教鞭を振るう。現在も技術顧問として不動産会社で現場に立ちながら若手の育成・指導も行う。趣味は茶道、囲碁。

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください

キーワード検索

×